ブログ

【紫微斗数】禄存星を読み解く

こんにちは。
椿心言です。

今日は、紫微斗数における
禄存星を読み解く
というテーマでお話します。


紫微斗数ってそもそも何?

という方はまず
こちらからお読み頂くと
理解が深まります。




禄存星のテーマは【財産・威厳・充足】

禄存星 ろくぞん・せい
と読みます。


基本的には吉星です。

財産・威厳・充足」
司ります。

精神よりも物質を表し
禄、貴、寿などを
意味する星です。

とても強い吉星なので
解厄の効果もあります。


命宮遷移宮に入ると
良く言えば
落ち着きのある人になります。

知的慈しみの心を
性質として持ちますが
行動が遅い人と
受け取られることもあります。

基本的には
お金の価値観がしっかりしていて
困窮することは少ないでしょう。


しかし命宮に入った場合は
父母宮と兄弟宮に
擎羊星と陀羅星が入りますから
身内運に影響があります。

禄存星が及ぼす作用

財を表す吉星なので
基本的には悪い作用を
及ぼしません。

比較的
財帛宮か田宅宮に入るのが
最も良いとされています。


適正としては
自営業、フリーランス
営業
などに向きます。

または金融関係にも
縁がある星と言えます。

禄存星のまとめ

禄存星について
箇条書きでまとめます(^_^)


禄存星のテーマ
財産
・威厳
・充足

禄存星の性格と適正
知的で慈しみの心を持つ
・落ち着きがある
・自由な仕事に向く
・金融関係も良い

紫微斗数の簡単な読み方を
記事にまとめました。

ご参考になさってください。


読み解くのが難しい場合は
鑑定もお待ちしております。

人生には悩みがつきません。

しかし紫微斗数占いは
悩みの根本を解決してくれます。


思考の癖に気付けば
人生がとても楽になります。

ぜひ紫微斗数の神秘に
触れてみてください。

皆さんの幸せな人生に
少しでも貢献出来れば幸いです。


ABOUT ME
椿 心言
高名な陽明学者を先祖に持つ。 あるとき霊能者の先生に「占い師になる」と予言を受けた半年後に占い師デビュー。初月に売上50万円を達成。 その後講師業にも力を入れ始め、3年間で100名以上の占い師をデビューに導く。