ブログ

【紫微斗数】紅鸞星・天喜星を読み解く

今日は、紫微斗数における【紅鸞星・天喜星を読み解く】というテーマでお話します。

紫微斗数ってそもそも何?
という方はまずこちらからお読み頂くと理解が深まります。




紅鸞星・天喜星のテーマは【恋愛・結婚・出会い】

紅鸞星 こうらん・せい
天喜星 てんき・せい

と読みます。


恋愛・結婚・出会い」を司ります。

紅鸞星の「鸞(らん)」は中国における伝説の霊鳥です。

「鳳凰が年を重ねると鸞になる」「王がしっかり国を治めていると現れる」などと言われています。

また、手塚治虫さんの漫画「火の鳥」のモチーフとなった南米に生息するケツァールを鸞とする説もあります。

いずれにしても縁起の良さを表す生き物です。

紅鸞星・天喜星が及ぼす作用

紅鸞星・天喜星が命宮に入ると、第一印象が魅力的になる傾向があります。

吉星と同宮すると、その吉作用を増幅させる効果もあります。

対して条件の悪い星が一緒にあると恋愛において注意が必要です。

また、1年運や10年運で巡ると恋愛出会いのチャンスと言えます。

紅鸞星・天喜星のまとめ

紅鸞星・天喜星について箇条書きでまとめます(^_^)

紅鸞星・天喜星のテーマ
恋愛
・結婚
・出会い

紅鸞星・天喜星の性格と適正
・縁起の良さを表す
・命宮に入ると印象が◯
・1年運、10年運で巡ると出会い運◯
・悪い星と同宮すると恋愛事で注意が必要

紫微斗数の簡単な読み方を記事にまとめました。

ご参考になさってください。


読み解くのが難しい場合は鑑定もお待ちしております。

人生には悩みがつきません。

しかし紫微斗数占いは悩みの根本を解決してくれます。


思考の癖に気付けば人生がとても楽になります。

ぜひ紫微斗数の神秘に触れてみてください。

皆さんの幸せな人生に少しでも貢献出来れば幸いです。


ABOUT ME
椿 心言
【運動、瞑想、睡眠、美味しいご飯、が最強開運法!】 1989年静岡県生まれ、埼玉県さいたま市育ち。占い館Everyday Holidayを経営。自身も占い師として活動をしながら、占い師のマネジメントも。在籍占い師にはランキング上位の先生も多数。YouTubeチャンネル「椿心言(占い館Everyday Holiday代表)」では、占い師になりたい方向けの情報を発信中。宅地建物取引士、FP2級資格保持。