ブログ

占いの活用の仕方(目標 編)

昨日は「立春」でございました。暦の上では春の始まり。何かをスタートさせるには大変良い時期に入りました。
ここ数日の鑑定から、目標に対して、皆様が”占い”をどの様に活用されているのか、気付いた事を今回は書き留めたいと思います。
目標は大小ありますし、鑑定時間も各々で違います(予約ありか、飛び込みかも含めて)

占いの活用方法の一例と思って頂けると幸いです。

目標がないという方


例えば【職探し】。
やりたい仕事が自分でも分からず、良い仕事と出会えるか、というご相談があります。
この場合の占い方は、先ずは、数秘とタロットを使って、仕事を通してご自身が何を得たいか(組織の規模、勤務時間、お給料、やり甲斐など)を伝えます。そこから、これから選ぶ仕事の条件を選択していくことに繋がります。

生年月日で出る気質から、向いている職業を伝える事は出来ますが、”新しい働き方”が生まれ続ける時代です。私も相談者様の可能性を狭めてしまわないよう、時代の流れに合わせて鑑定出来る様に心掛けなくてはいけません。

タロットカードの不思議なところは、今一番気にしているのが、【職探し】なのかというところも、あぶり出るところでしょうか。
仮に、【職探し】に踏み込めない原因が他にあれば、そちらがスッキリする事で、「前に進めます」と言って頂く事もよくあります。

あなたが行動に移せない原因があるかもしれません。

【職探し】を例にあげましたが、恋人探し、自分に合ったサークル活動、趣味等々,”目標を探す上での活用方法”として参考にして頂けると良いかと思います。

目標進行中の方


未来に悪いカードが出たら不安になるから、占いは受けないという方もいらっしゃると思います。
勿論、「占い受けた方が方が良いよ」と、強制するつもりはありません。

目標に向かって進行中の方がどの様に活用されているのか。

進んでいて「このままでいいのかな…?」と不安はつきものです。その為に今の状況から今後に向けてタロットカードで見ていきます。
ご本人は、やる事はやっている。このままで良いことも、頭の中では分かっている場合もあります。

鑑定の結果をお伝えして相談者様が「やっぱり問題ないですね。」と安心される事は多いです。安心することで身軽に進めるように感じます。

鑑定結果の現状の不安要素には、その解決策や向き合い方をお伝えし、また今後に向けてのアドバイスをお伝えします。

皆様一生懸命に前に進まれております。吉凶を知るというよりは、安心したい。そして視野が狭くならないように、ご自身を微調整されるために占いを活用されているように感じます。

継続は力なり

目標を達成するまでの過程に、不安や迷いはつきものです。
不安を持つ事は悪い事ではありません。不安を抱え続けて身動きが取れなくなること、目標を諦めてしまう事が、あなたにとってプラスにならないと考えます。

やりたい事が出来たら、応援してくれる人、支えてくれる人を作る事が大切です。

期間がどの位のものであれ、継続する先にしかゴールはありません。

継続出来る環境を整えましょう。


そして、勿論、私も、あなたのことを応援している事をお忘れなく☆彡

ひみかの鑑定ご予約はこちらから☆

ABOUT ME
壇ひみか
胸がつかえる不安や虚無感を独りで抱えていませんか? 悩みはあなたの輝かしい未来の足枷となります。 悩みの大小に関わらず、先ずは私に吐き出して下さい。 身近な方に話せない内容なら、尚私に話してください。 上手く話そうとする心配はありません。 あなたが身軽になって前に進める様に、あなたの第一の味方になり誠心誠意お付き合いさせて頂きます。

\\ 毎日鑑定受付中! //
対面・電話・チャット・Zoom占いなど、詳細はこちらから!