ブログ

皆様の心を癒し、輝きある岸への架け橋へ!!

皆様、はじめまして。

この度、占い館EverydayHolidayにてデビューさせていただきます綾小路聖月(あやのこうじせいげつ)と申します。

皆様がお抱えになっているそのお悩み、その迷い、本当にお辛いですよね。あなたのお辛いお気持ち、心に全身全霊、真剣白刃で寄り添い、受け止めさせていただき、迷いの暗い岸から対岸の希望ある輝きの岸へと渡れる架け橋とならせていただきます。
あなたはまず、ご自身を大切にして良いのです。あなた本来の輝きを取り戻せる様、お手伝いをさせていただきます。これから、よろしくお願いいたします。

それではデビューにあたり、私(綾小路聖月)の簡単な自己紹介をさせていただきます。

まず、はじめに、この綾小路聖月と言う名前ですが、「聖月」と言うのは、自分で決めておりました。しかしながら、この「綾小路」については、当初自分では決めていた苗字があったのですが、椿心言先生、卍馬ピカリ先生と打ち合わせをさせていただいていた時に、苗字について、卍馬ピカリ先生から「改名」した方が良いとの会アドバイスをいただき、「う~ん!!何がいいですかねぇ~」と考えていたその瞬間、 卍馬ピカリ先生から 「綾小路!!」と命名して下さいました。おぉ~「綾小路!!」良いですねとズバッと来ました。「綾小路聖月」と言う名前を椿心言先生に姓名判断で見ていただき、「名前良いですねぇ!!」と良い結果をいただきました。

そして、「綾小路聖月」がここに誕生いたしました。

まさに、この「綾小路聖月」の名づけ親ともなって下さいましたのが、卍馬ピカリ先生でございます。この場をお借りしました心から感謝申し上げます。

さて、私の占いの経緯についてお話させていただきます。

私の占いの根本となったのは、「六星占術」です。

私自身、占いが好きで、産業カウンセラーをする傍らで、独学で占い(当時は、タロットカード)を勉強しておりました。ある知人から占いを本気で勉強したいならある方を紹介してあげるよと言われ、そのある方は誰?と知人に尋ねたところ、「細木数子さん」知ってる?と聞かれ、「もちろん、知ってますよ。」と言った次の瞬間、知人から「じゃあ、早速紹介するよ」と・・・・・・。その知人が、「細木数子先生」と知り合いだったと言うのにもビックリでしたが、直ぐに紹介すると言う最速の言葉にも驚愕しました。

えーーーーーー!!あ、あの 「細木数子先生」 に会える。

うわぁ、「ズバリ言われてしまう」と何もしていないのに、ただ緊張と勝手な空想だけが独り歩き。

そして、当日・・・・・・・。京都の某所ご自宅へ。

私:「こんにちは、はじめまして、〇〇でございます。よろしくお願いいたします。」

座って、ものの10秒もたっていない状況下の中で(お手伝いさんがお茶の準備中?)

細木先生:「まぁ、座って。突然なんだけど、あんた占いやりな!!私が全部教えてやるから。好きなんだから、真面目に一つくらい勉強して宝物にするんだよ。」

私:「は、はい、是非お願いします。」と返事しか出来ない凄まじい迫力に圧倒!!

今まで独学で占いを学んでいた私が人生初の占いにおける師を仰ぎ、あの「六星占術」の学びが始まりました。

日々、ご指導の下、「六星占術」にある運命星、相性、金運、全体運、あの「大殺界」等々を学ばせていただきました。

ここで、「六星占術」とは、

占い師の細木数子先生が易学や算命学、万象学などをもとに提唱したとされるオリジナル占術。

六星占術では、生年月日から割り出した運命数をもとに、土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの運命星に分けて占います。

この後、「六星占術」からより様々な占いにおける学びを求め、「四柱推命」、「ルノルマンカード」、「オラクルカード」、「ボイジャータロット」、「数秘術」と様々な占いを学ばせていただきました。学ぶたびに喜びと感動があり、これで皆様を助ける事が出来る、癒すことが出来ると自身の心が奮い立ちました。

皆様の心を癒し、輝きある岸への架け橋とならせていただきます。

ABOUT ME
綾小路 聖月
はじめまして、綾小路 聖月(あやのこうじ せいげつ)と申します。 「どうして、いつも私ばかりこうなってしまうんだろう?」 「なぜ、私だけ辛い思いをしてしまうの?」 「誰にも私の本心なんて、話せないし…」 そのお悩み、その迷い、本当にお辛いですよね。あなたのお辛いお気持ち、心に全身全霊、真剣白刃で寄り添い、受け止めさせていただき、迷いの暗い岸から対岸の希望ある輝きの岸へと渡れる架け橋とならせていただきます。 あなたはまず、ご自身を大切にして良いのです。あなた本来の輝きを取り戻せる様、お手伝いをさせていただきます。

\\ 毎日鑑定受付中! //
対面・電話・チャット・Zoom占いなど、詳細はこちらから!