ブログ

”ホワイトデー”が気になるあなたへ

3月最初の週末に入りました。今月14日はホワイトデーがやってきます。何をプレゼントしたら良いか。今からソワソワしている方も多いかもしれませんね。関係ないという方も、雑学として読んで頂けるように、ホワイトデーの起源から、韓国の余談話、プレゼントを渡す際に添える言葉など、書いております。お役に立てれば幸いです。

ホワイトデーの起源は?

由来や期限には諸説あり。しかし、ホワイトデーの習慣が誕生したのは、我が国、日本でございました。
有力な説として、1980年頃、日本の老舗菓子屋が、バレンタインデーのお返しにマシュマロを販売。それにならって他の菓子屋もクッキーやキャンディーを売り出したというもの。
当初はホワイトデーでなく「マシュマロデー」と呼ばれていたそうです。

ホワイトデーは日本だけの習慣なのか?

日本発症のホワイトデーですが、現在は中国や韓国といったアジアにも広がっています。
特に韓国では、日本よりも盛大に盛り上がっているそうです。

余談ですが、韓国には4月14日はブラックデーと言われているそうです。この日は、バレンタインデー、ホワイトデーに何ももらえなかった方々が、黒い服を着てジャージャー麵(黒味噌とソースを使う、黒い麵料理)を食べるんだとか。
2ヶ月も、恋で盛り上がる様子がなかった虚しい気持を、黒の儀式で吹き飛ばす。何ともユーモアを感じてしまします。
しかし、黒の儀式をされている方を見かけたら、フリーという事。声は掛けやすいのかしら?新しい恋が始まる予感もしますね。

話を戻しまして、日本でホワイトデーの習慣が根付いた背景には「頂いたものには、お返しをする」という義理人情の文化がありました。考えてみると、ご祝儀や香典、お歳暮、出産祝いから、急用で仕事を代わってくれたお返しに、心ばかりのお菓子を渡す。そのような光景は、私達にとっては自然な事かもしれません。

お返しで抑えておきたい事

予算はどれ位
本命より、義理チョコで頂く方が悩んでしまうかもしれません。
1人に渡すという事であれば、500円から1000円が相場
(価格ドットコムアンケート結果より)
合同でくれた相手なら、1人1人渡すとなると予算が掛かってしまうので、小分けできるタイプの物がお勧めです。
(近年では、職場でバレンタインデーを禁止するところも増えてきました。お返しする側の負担を考えると、この取り組みも納得できます。)

・SNSという壁
ホワイトデーの準備に少し時間を掛けれそうであれば、アピールポイントは彼女だけではない事も、頭の片隅に置いておきましょう。受け取った側は、InstagramやTwitterなどのSNSで、喜びを共有するかもしれません。
少しでも個性的で、魅力的なものを選ぶあなたの努力は、決して無駄にはならないはずです。

・添える言葉
関係性にもよりますが、”女性に対して添える言葉”で圧倒的に支持されるのは「いつもありがとう。」
(価格ドットコムアンケート結果より)
もう少し掘り下げると、女性は「自分というものを認めてほしい。」という傾向があります。
そして、男性は「具体的な取り組みへの努力を認めてもらいたい。」という心理があります。
女性に対して「いつも美味しい料理を作ってくれてありがとう。」と伝えると「料理以外にも頑張ってますけど。」など思われかねません(あくまで一般論です。)
あれこれ言おうとせず、シンプルに感謝の気持ちを伝えるだけで、充分に心に響くものです。

色々調べて書き出したら、今回も文章が長くなってしまいました。
何はともかく、ホワイトデーという日に向けて、ソワソワしている方。女性が納得いく商品が、店頭にはぞくぞくと並んでおります。是非、相手が喜ぶ顔を想像しながら、楽しみながら、当日をお迎えくださいませ。

様々なご相談受け付けております。鑑定スケジュールの確認はこちらから☆

ABOUT ME
壇ひみか
胸がつかえる不安や虚無感を独りで抱えていませんか? 悩みはあなたの輝かしい未来の足枷となります。 悩みの大小に関わらず、先ずは私に吐き出して下さい。 身近な方に話せない内容なら、尚私に話してください。 上手く話そうとする心配はありません。 あなたが身軽になって前に進める様に、あなたの第一の味方になり誠心誠意お付き合いさせて頂きます。

\\ 毎日鑑定受付中! //
対面・電話・チャット・Zoom占いなど、詳細はこちらから!